数秒で生産計画を自動作成

大手飲料メーカー様
お問い合わせ
BACKGROUND

背景

大手飲料メーカーA社は新工場設立に当たり、最新システム導入による最先端スマートファクトリーの実現を目指していました。

工場における製造業務の中で、生産計画(どのラインで、何を、いつどれくらい生産するか)のラインシフト表は本部から指示される必要生産量をベースに人手で作成されていました。

指示生産量は市況によって頻繁に更新されるため、その都度生産計画を作り直す必要があり、大きな業務負荷となっていました。

WHAT WE DO

取り組み

現在の生産計画作成までの具体的な業務フローや注意事項をヒアリングしました。

生産計画作成に当たり、ライン切替に必要な時間や生産可能時間帯など、考慮するべき制約条件を抽出しました。

個別の制約条件を踏まえた上で、最適化の考えに基づき生産の遅延や生産する製品の切替が最小となる生産計画の自動作成プログラムを開発しました。

ACHIEVEMENT

成果

従前は指示生産量の更新の度に数時間かけて作成していた生産計画を、数秒で作成可能になりました。

これにより、不定期に頻繁に発生する生産計画の再作成業務の負荷が大幅に低減し、業務効率の改善が実現しました。

プレスリリース
Nishikaは、8000名超の実装力に強みがあるデータサイエンティストを抱える集団として、多様なテーマの実績があります。
以下もご覧ください。

AI導入事例

■ Nishikaとは

Nishikaは、数百人のデータサイエンティストがAIモデルの精度を競い合い、最も良い精度のソリューションをクライアント企業に納めさせていただく開発手法「データ分析コンペティション」を提供しています。
各領域に強い数千名の登録データサイエンティストの力を借り、他のどの開発手法よりも高い性能のAIモデルを開発することが可能です。

また、コンペティションを通じて幅広い領域のAI開発を手掛けさせていただいている実績を活かし、これからAI開発に着手するが、広い視点で相談に乗ってほしい、という企業様に対しても、実績の確かな手法を携えたご支援をさせていただくことが可能です。